嫌われ者の日記

更新頻度は少なめかもしれない

倫理性とお金

高畑さんの釈放のやつ、Twitterでとても話題にされてるけど、

この社会ではお金が全てなんですよ、何を言おうが。

大金を支払えさえすれば優秀な弁護士が有罪も無罪にしてくれる、

そういう社会なんですよ。

なぜ皆が皆こんなにもお金に飢えているのだろう。

お金が一番。

皆。

心ではお金が全てじゃないと思っても、

実際の社会ではお金が一番だ。

愛だってお金で手に入る。

お金で手に入らないものなんて何も無いよ、地球上に存在するものならね。

強いて言うなら能力かな、能力や個性は金じゃ手に入らない、それだけ。


そして一番言いたいのは倫理性が問われる職業は商売目的にしてはいけないということ。

これは安楽死制度にも言える。

死にたい人(利用者)が増えたら儲かるなどとなっては絶対にいけないのだ。

弁護士だって、本当は罪を犯して裁かれなければいけない人間を金の力で無罪にして無かったことにしてしまってはいけないのである。

それは倫理性の問題である。

今の社会ではお金により倫理性が無視されることが多々ある。

人間性を失ったら人間としておしまいだと思ってる。

だから社会の奴隷になって人間性を失うくらいなら死んだほうがマシだ。