嫌われ者が生涯一人で生きるには

精神科に通って薬を飲んでた2年間、私は夢を見ていました。更新頻度は少なめかもしれない

つらいよ、自分のこと好きだから

高校までは恋人なんかいなくても気の合う友達がいれば十分だと思ってた。

脳内彼氏さえいれば賄えると思ってた。

いずれは皆好きな人ができて結婚していくんだよね。

今まで全く分からなかった。

考えもしなかった。

異性どころか同性からも迫害される毎日で

完全に感覚が麻痺していた。

いや麻痺していなければ生きれなかったんだ。

強いよ。

その状態で今まで生きてきたこと、学校卒業したこと。

自分の強さを心から尊敬してる。

だから自分の事が好きだし

簡単に殺したくない。

生かせてあげたい。

幸せになってほしい。

それでもこんなに報われないと

死んで楽にさせてあげたいと思うようになってきた。

かわいそうだ。

これから先歳をとったら

今まで耐えれたことに耐えれなくなってくるだろう。

今は若さがあるからまだ耐えられる。

この先の「私」を考えたらこれ以上苦しくなる前に殺してあげた方がいいだろうか。

つらくなる。

かわいそうに。

つらかったね。

もう十分頑張ったと思うよ。

疲れたね。

衝動的に死んでしまう前に遺書を書いておこうか。

自分のために。