嫌われ者の日記

更新頻度は少なめかもしれない

過去を悔やんでも仕方が無いけど

小さいうちから正座したり地べたで生活してると脚が短くなるからやめた方がいいよとか

携帯とかゲームとかの画面ばっか見て下ばっか向いてるとブサイクになるからやめろと

それでも当時の自分はやめなかったかもしれないけど

強引にやめさせてほしかった

あと当時食べてもあまり太らなかったので調子に乗ってたくさん食べていた

そしておばあちゃんが食料をたくさん用意してくれるもんだから食べ放題だった

むしろ少しでも食べないと過剰に心配された

小さい頃は動き回ってぴょんぴょんしてたから食べてても大丈夫だったけどひきこもるようになって全然運動しなくなってからも食べる量はそのままだった

そして中学では酷い慢性的な便秘に悩まされていた

一ヶ月以上出ない時も普通にあった

検便は本当に困った

コーラックは本当に激痛を伴った

老けた

酷い便秘は本当に苦しいのだ

見た目どうこうじゃなくて当時は便秘を何とかすることで頭がいっぱいいっぱいだった

老け始めたのは中学

いや小6かな、ぼっちが嫌で大人しい子と一緒にいさせてもらうようになってから

それまでは聞き役に回ることが多かったが自分から話題をふらなくてはならなくなったので無理が生じた

それでもぼっちよりましだと思ったから


クズだよ

自分はつくづく

不良品だ

怖がり

石橋を叩いても渡らないことが多い

適当で楽観的な性格

飽き性

集中力が無い

勉強していても脚の毛を抜き始めたり

脚の毛を抜いてると落ち着くんだ、楽しいし

携帯をいじり始める


携帯やゲームにのめり込むようになってから著しく記憶力がなくなった

ゲームなんてやるんじゃなかった

クズになっただけだ

一時的に楽しい世界を味わえても

現実でこれじゃ