嫌われ者が生涯一人で生きるには

精神科に通って薬を飲んでた2年間、私は夢を見ていました。更新頻度は少なめかもしれない

習い事

ピアノは3歳から小6までグループ

中学から高校まで個人

演奏技術は下の下だけど

教養は充分身についたと思う

習字は小2から

始めたばかりの頃は左利きなのに硬筆がこんなに上手にかけてすごい天才だとおだてられいい気になっていた

あの頃がピークだった

何をしても褒められた

親が自分の子供にくそ甘かったってのはあるけど

もっと厳しくてもよかったけど

つまり何が言いたいかというと

くそみたいな人生だけどいい思い出も割とあったってこと

気づいたら粗大ゴミになってたけど

なりたくてなったわけじゃない、

本当に気づいたらもうすでになっていた

そうなる前にちゃんとしつけてもらいたかった

人のせいにしてばかりだ

だって自分は無計画に今まで何も考えてこなかったのだから

今こうなってしまったことに

責任が取れない