嫌われ者が生涯一人で生きるには

精神科に通って薬を飲んでた2年間、私は夢を見ていました。更新頻度は少なめかもしれない

2016 11月11日

ポッキーの日だ。

特にポッキーを食べたり買ったりなどはしていない

学校に行った

やっぱり無理だ

自分は人間として劣っている

ほかの人に比べて魅力もあまりない

不快にさせるばかり

本心は真逆だ

人を不快になんてさせたくないし

人から好かれていたいと思う

存在が人のためになりたい


しかし現実、存在が人を無条件に不快にさせている


教授にまた愚痴を聞いてもらった

忙しいのに申し訳ない


今日は裸眼1日目

さすがに講義中は眼鏡してたけど

それ以外は裸眼

そして眼精疲労が尋常ではなかったことを知った

目の奥が鈍く痛い


それでも携帯の世界は居心地がいいし楽しい

私みたいな現実に居場所が無いどうしようもない嫌われ者でも平等にエンターテインメントを提供してくれる

だから携帯を離せない

依存じゃない

必然だ


そして今日は紅の豚を見て寝る