嫌われ者が生涯一人で生きるには

精神科に通って薬を飲んでた2年間、私は夢を見ていました。更新頻度は少なめかもしれない

何も考えられない

一時は抜け毛がひどくなるほど追い詰められていた私だ。

考えなくなるのは生きるために仕方が無いことなんだ

それでも

少しは将来について考えなければいけないと思う

考えてもどうにもならない

結局現実的に考えたら私に今与えられている選択肢は

・精神を殺して大学を卒業し、福祉職を探す


・自分の気持ちに素直に、大学を中退しとにかくストレス状態から逃れる


の二択だ。

今の私のストレス度合いは半端ではない

薬の効果で感覚や思考を鈍感にされているのでまだましだが、

薬を飲まなかったらまた死ぬしかないって思ってしまうんだろな、

それだけは嫌だな

だって自分、悪くないじゃん

ただ生きてるだけ

それだけ

それだけで死ななきゃならないなんて

おかしい

おかしいから抗う

死なない

自分では絶対に死なない

死なないためならきつい仕事でも仕方がない

働く

理不尽への怒りで生きてる

自分では死なない

そういう人生なんだ