生きづらさを抱えてそれでも

生きづらさを抱える人のブログ、助けてくれる人なんていない

仏陀様

インド北部のルンビニーで、シャカ族の王子として誕生。本名はガウタマ=シッダールタ。シャカ族出身のため釈尊または釈迦牟尼とも呼ばれる。

16歳でヤショーダラ姫と結婚し、一子をもうける。

29歳で人生の無常を感じ、解脱の道を求めて出家する。

35歳、苦行をやめ、ブッダガヤの菩提樹の下で座禅瞑想して仏陀(悟りを開いた覚者)となる。


鹿野苑(サールナート)で説法を始める(初説法・初転法輪)

36歳、スダッタ長者が、仏陀の修行場として祇園精舎を寄進する。

40歳、シャカ族がコーサラ国に滅ぼされる

80歳、クシナガラの沙羅双樹の下で入滅(死去)


「すべての執着を捨てること、渴欲をなくすこと、煩悩の消滅すること、それがすなわち涅槃である。」


人は、生き、老い、病み、死ぬこと(四苦)から逃れることはできないのだろうか。深く人生の無常を感じた釈迦は、29歳の時、妻子や地位などすべて捨て、解脱(欲望によって起こる苦悩を脱して永遠の安らぎ(涅槃)を得ること)を求めて出家した。

バラモン修行者に教えを請い、また、断食など厳しい修行にひたすら励んで、6年が過ぎた。釈迦は、苦行は悟りに至る道ではないことを痛感した。そこで、苦行をやめ、ある村(後のブッダガヤ)の菩提樹の下で座禅瞑想に入った。そして7日目の朝、静かな心に満たされ、真理(ダルマ、法)を悟って仏陀となった(成道)。その後、仏陀は鹿野苑(サールナート)で5人の修行僧を前に、初めて中道と四諦について説いた(初説法・初転法輪)。

以後、仏陀は弟子とともに北インド各地を、教えを説いて歩いた。そしてついに80歳のとき、クシナガラで病に倒れ、多くの弟子や信者に囲まれて入滅した。


エピソード、仏陀は、仏がもっている相(人相や体の特徴)を完璧に備えていたという。