美しく儚く、夢から覚めないで

生まれて〜小学生2年

私は静岡県の相良で産まれた、最初の頃は清水のアパートに住んでいた、よく覚えてないけどアパートに仲のいい女の子が一人いたみたいでよく遊んでいた、車の中で万華鏡をくるくる見ていたのをよく覚えている。

幼稚園、花水木というところに引っ越す、崖の上の住宅地といった感じだ、今住んでいる家に比べたらとても綺麗な今どきの洋風な家だった、料理はお父さんがした、美味しかった、たまにお母さんが作ってくれるプリンもとても美味しかった、ハイジの曲を流してくる売りトラックが売る飲み物(ccレモン?)が美味しかった。食べ物の話はそれぐらいにして、

幼稚園では遊具で遊び回ったりしっぽをつけてごっこ遊びをしたりあやとりをしたり、野菜が嫌いでいつも野菜を残していた、劇ではネズミ役をやる(なんの劇が覚えてない7色の花みたいなやつ)。珍しく雪が積もった時には雪を食べたりした、あと、ピアノを3歳から習い始める、グループレッスンで主にエレクトーンを小6まで、中1から高2までは個人レッスン、家には普通のピアノと簡素なエレクトーンがあった、だがピアノの練習なんて全くしなかったので全然上手くならなかった、今でもピアノのレベルはちゃんちゃんちゃーんである。

小学校、入学式ピンクの衣装を着てブランコを友達としたのを覚えている、

縄跳びが苦手で二重跳びができなかった、のちに1、2回できるようになる、

赤い小さい花びらの植物の茎をかじったらマヨネーズのような味がした、小さい頃はよく好奇心で野草を食べた、紙を食べたこともあるけど全然美味しくなかった、確か指しゃぶりをまだしてた、たぶん小学3年くらいまでしてた、休日はおばあちゃんちに遊びに行った、リビングで川の字になって寝た、おじいちゃんに自転車に乗せてもらっていろんなところに行ったりセミ取りをしたりした、浜岡の図書館によく行った、そこで飲むココアは美味しかった、図書館の近くの公園でよく遊んだ

近所の子と外遊びを毎日していた、友達の家でゲームをしたり(主に太鼓の達人)、外をかけまわったり、シール集めしたやつを見せあったり、自転車が乗れるようになってからは自転車で住宅地を走り回った、楽しかった、小学2年で習字を習い始める、プリキュアにはまっていてグッズを親に買ってもらっていたカード集めもした、ゲームボーイアドバンスのプリキュアのゲームを誕生日に買ってもらう、おもしろかった、失恋の意味を疲れただと思っていて友達に失恋しちゃったよと言って心配される、よくお父さんの部屋に遊びに行ったお父さんの部屋は二つある、仕事部屋の方では一緒になってパソコンの画面を見ていた、マインスイーパのやり方がわかっていなかったのでどこに爆弾があるかわからなくてとても怖いなと思っていた、ピラニアの標本?置物?があったのをよく覚えている、寝る方の部屋ではベッドの上で飛び跳ねたりした、本棚にあったパチンコの雑誌にエロいページがあってそれを見るのが好きだった、

そしてお父さんが借金があるとかなんとかでお母さんが離婚を切り出して離婚する、